コマンドプロンプト -処理-

当ページではコマンドプロンプトを用いた具体的な処理についてまとめています。

基本的な処理や文法などについては以下をご参照ください。

コマンドプロンプト -文法-

命名

特定の規則に沿って、適当な名前を付ける処理をまとめています。

実行日時

rem 2019年1月1日に実行すると「190101.txt」というファイルが出力されます

set file_name=%date:~2,2%%date:~5,2%%date:~8,2%

echo "Hello world." > %file_name%.txt

exit

連番

rem ファイル名に連番が降られます

set file_number=0

:loop

set /a file_number=file_number+1

if exist foo%file_number%.txt (

goto loop

)

echo "Hello world." > %file_number%.txt

ドライブ空き領域取得

ドライブの空き領域をファイルに出力する処理をまとめています。

.txt形式向き

dir c: | findstr "空き領域" > disk_space.txt.tmp

for /f "tokens=3 delims= " %%i in (disk_space.txt.tmp) do (

set disk_space_c=%%i

)

echo %disk_space_c% > disk_space.txt

del disk_space.txt.tmp

exit

.csv(カンマ区切り)形式向き

dir c: | findstr "空き領域" > disk_space.txt.tmp

for /f "tokens=3 delims= " %%i in (disk_space.txt.tmp) do (

set disk_space_c=%%i

)

dir d: | findstr "空き領域" > disk_space.txt.tmp

for /f "tokens=3 delims= " %%i in (disk_space.txt.tmp) do (

set disk_space_d=%%i

)

echo %disk_space_c:,=%,%disk_space_d:,=% > disk_space.csv

del disk_space.txt.tmp

exit